過食嘔吐症

過食嘔吐症とは、病気として言う場合もあるそうですが、
正確には「過食嘔吐症」と言う病名はないそうで、
一般的には「自己誘発性嘔吐を伴う過食症」と言うようです。

そして、過食症というよりは、
拒食症による無茶食い排出型と扱われる事が多いようですが、

実際は過食した為に吐くタイプや、
吐く為に過食をするタイプなど、

症状の原因となります背景が様々である様に、
症状ももっと細分化されているらしいです。

過食嘔吐症とは、過食という他の大食い等とは区別される、
普通の量よりも明らかに大量の食べ物を食べてしまった後に、
自己誘発性嘔吐をする事を指しますが、

過食嘔吐症の大概の方は口の中、
しかも喉の奥に指を突っ込む事で
嘔吐感を引き出してまで吐き出します。

その為、口の奥の方に吐きダコができている方もいます。

また、水等を大量に飲んで吐き出す場合もあるようです。

いずれの場合も、本人が意図的に嘔吐していても、
胃も脳も驚いてしまいますので、

身体や脳の様々な機能失調が見られ、
やればやるほど悪化してしまいます。

過食嘔吐症の原因は、「精神的ストレス」や
「痩せて綺麗になりたいという身体的美への願望」
等にあると思われていますが、

周りからは「強迫観念」に一種追われているかのようにも
見えてしまうそうです。

ただどんな原因があるにしても、
している人には大変辛いものがある事だけは間違いないでしょう。

過食嘔吐症は、その原因も度合いも様々なので、
その治り具合も色々ですが、

治りたい・治したいという想いさえ少しでもあれば、
この過食嘔吐症は治せるものなので、
本人も周囲も諦めないでほしいです。

治そうという想いをどうか大事にして下さい。


スポンサード リンク

過食症の治療と過食症の克服の為に、
しっかりと過食症である原因を追究して、
過食の原因を探りましょう。