過食症の薬

過食症の薬として何か良いものはないか?
と考える方は多いと思います。

勿論、病院へ行って過食症と診断され、
その症状にあった薬を処方されるのが一番でしょう。

しかし病院が嫌で、ネット等で怪しい薬を
購入してしまう方もおられるようです。

ただ、そういった物には覚せい剤的な
危険な物もあるらしいですので、
手を出さないでほしいです。

病院は敷居が高い等思われるかもしれませんが、
過食症の薬を飲むには、
心療内科や精神科の病院に行きましょう。

こういった科には一部の古い人達の間では
偏見もあるようですが、

それは間違った考えなので気にせず、
貴方や貴方の大事な方が
きちんと過食症の薬を飲んで治される事だけを考えましょう。

精神科等では、デプロメールやルボックスといった
薬を処方されるようですが、

どれも効き具合は人それぞれですので、
焦らないようにしましょう。

もし不安になったら通院もきちんと続けながら、
自分達でやれる事を試るのも手です。

例えば、過食には鬱的気分も伴いますので、
散歩するのも良いようです。

散歩は、気分転換だけでなく体重管理にも役立ちます。

また過食にはグレープフルーツオイルも良いようです。
アロマで癒されたりもします。

ただ、どれもあくまで病院へ行って
薬を飲む事の補助的要素と考えて下さい。

いずれにしても、「治りたい」「治したい」という
健康的な想いを持つ事が、過食を抑える何よりの薬だと思います。

それさえあれば、時間はかかっても、
病院の薬と手助けと貴方の想いで過食は治るはずです。

病院へ行く事は時に苦痛を伴うでしょうが、
過食になる前の、美味しく食べたり健康になれる事には、
もっと大きな感動がある事をどうか忘れないで下さい。


スポンサード リンク

過食症の治療と過食症の克服の為に、
しっかりと過食症である原因を追究して、
過食の原因を探りましょう。